トップページ > スタッフコラム > 未分類 > リフォーム済み中古住宅選びの注意ポイント|どんな人が向いているのか

スタッフコラム

2021.11.24 NEW

リフォーム済み中古住宅選びの注意ポイント|どんな人が向いているのか

リフォーム済み中古物件のおしゃれな内装

最近見かけることが多くなった「リフォーム済み中古住宅」は、普通の中古住宅選びに加えてチェックすべきポイントがあります。

今回はリフォーム済み中古住宅を選ぶ際に注意すべきポイントや、自分でリフォームする場合との違いについて詳しく解説します。

これから中古住宅探しに取り組む方は、一つの選択肢としてぜひチェックしておいてください。

 


目次

■中古住宅+リフォームの選択肢

■リフォーム済み中古住宅選びの注意ポイント

■リフォーム済み中古住宅が向いている人

■ワンストップリフォームも検討してみよう


 

■中古住宅+リフォームの選択肢

リフォーム後の中古住宅

まずは「リフォーム済み中古住宅」「中古住宅を購入後リフォーム」の2つの違い、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

・リフォーム済み中古住宅

内装や水回りをリフォーム・リノベーションした完成状態で販売される物件のことです。

建物+リフォームの総額がわかるため資金計画を立てやすく、実物をチェックして素早く入居できるのがメリット。

ただしリフォーム前の状態や工事中の様子がチェックできないため、シロアリや腐食の見逃しが発生するリスクはあります。

 

・中古住宅を購入した後リフォーム

現状の中古住宅をそのまま購入してリフォームする方法は、自分の好きな間取りやデザインにカスタマイズできるのが大きなメリット。

予算に合わせて工事内容や設備のグレードも調整することができます。

一方リフォーム工事費が変動するため、予算オーバーになる可能性がある点はデメリットといえます。リフォーム内容によっては打ち合わせから完成まで1か月前後かかることもあり、入居までの時間もある程度必要です。

 

■リフォーム済み中古住宅選びの注意ポイント

リフォーム後のおしゃれな中古住宅

・ライフスタイルに合った間取りかどうか?

リフォーム済み中古住宅はそのままの間取りで暮らすことになるので、ご家族全員で暮らしやすさをしっかりチェックしましょう。

例えば最近はLDK一体の間取りが主流ですが、お料理が趣味の方なら集中しやすい独立キッチンの方が使いやすいかもしれません。

流行の間取りやおしゃれな内装だからといって良く考えず選ぶと、いざ暮らし始めてから後悔する可能性も…。

 

□間取りチェックポイントの例
  • 家族全員の荷物が収納できるか?
  • 子どもが増えてもそのまま暮らせるか?
  • 家事動線は使いやすいか?

 

上記のような視点で生活を細かくシミュレーションし、暮らしやすい間取りを確実に選びましょう。

 

・目に見えない部分もリフォームされているか?

一通りリフォーム済みの物件は新築レベルの見た目になりますが、目に見えない部分にも手が入っているかチェックしましょう。

内装や水回などの表面より、見えない部分の状態の方が重要度は高いです。

例えば戸建て住宅で使われている給水管は30年が交換時期ですが、ユニットバスやキッチンを交換してしまえば見た目は分かりません。

しかし壁裏や床下の給水管は徐々に劣化して、いずれつまりや赤さびなどのトラブルに発展します。

これから数十年暮らす我が家を選ぶわけですから、長く暮らすための工事がしっかり行われているか良くチェックしてください。

 

 

・耐震強度は問題ないか?

ベースとなる中古住宅の築年数が古い場合は、建物自体の耐震強度も要チェックポイント。

耐震強度は1981年の建築基準法改正によって大きく基準が変わっています。

 

  • 旧耐震基準:震度5強程度で倒壊せず、補修して生活が可能な強度
  • 新耐震基準:震度5強程度で損壊がほとんどなく、震度6~7でも倒壊しない強度

 

旧耐震基準のままでも違反にはなりませんが、地震被害のリスクは高まります。

1981年以前に建てられた中古住宅の場合、リフォーム時に耐震検査や補強が行われているかチェックしてみてください。

 

 

・リフォーム費用が割高でないか?

建物価格とリフォーム費用が一緒になっていると判断しにくくなるので、割高物件を購入うしないように注意しましょう。

リフォーム工事は部位ごとにある程度の相場がありますが、一式価格になってしまうので正当性がわかりにくいです。

周辺エリアの中古価格相場をある程度把握し、実質のリフォーム費用がいくらくらいなのか判断できるようにしておいた方が良いでしょう。

内見するときになるべく詳しく話を聞いて、どんなリフォームを実施したのかもチェックしてください。

 

・保証内容に問題がないか?

どんなにていねいなリフォーム工事をしても、水漏れや雨漏れなどのトラブルを完全に防ぐことはできません。

購入後のトラブルでもめることが無いように、しっかり保証内容や範囲を確認しましょう。

扱う不動産会社やリフォーム工事の内容によって保証内容は変わるため、不利な契約を結んでしまいトラブル発生時に困るケースも多いです。

良心的な不動産会社に相談することが第一ですが、リフォーム済み物件を選ぶ際は特に注意してチェックしましょう。

 

■リフォーム済み中古住宅が向いている人

中古リノベ後の内装

・すぐ入居したい

お仕事の転勤やお子さんの進学タイミングなど、期限が迫っていてすぐ入居したい方にはリフォーム済み中古住宅がおすすめ。

すでに内装や水回りの交換が完了しているので、気に入った物件が見つかればすぐ契約して入居できます。

購入後にリフォームすると工期が一か月前後かかるケースもあるので、入居までの期間はかなり変わります。

ただしあせって物件を決めると見逃しによる失敗につながりますので、前述したチェックポイントはしっかり検討してください。

 

・仕上がりを見てから購入したい

実際の広さや内装の仕上がりをチェックしてイメージ違いを防ぎたい方も、リフォーム済み物件を選ぶメリットは大きいです。

図面や3Dパースでは仕上がりを完全にシミュレーションするのは難しく、多少のイメージ違いは発生します。

その点リフォーム済みなら実物をそのまま購入できるので、ほぼイメージ違いを防ぐことができます。

 

・予算オーバーを防ぎたい

リフォーム済み中古住宅はマイホーム購入総額があらかじめわかるため、予算オーバーを確実に防ぎたい方にも向いています。

中古住宅を買ってからリフォームすると、思ったより工事にお金がかかって予算オーバーするケースは少なくありません。

リフォーム費用と建物価格が合算されるリフォーム済み物件は、後から追加費用の心配が少ないです。

ただし前述したように断熱性や耐震性など見えない部分が手抜きされていると、後に費用が掛かる可能性もあるので注意しましょう。

 

■ワンストップリフォームも検討してみよう

ワンストップリフォームの内装

間取りやデザインのこだわりがありなかなか良い物件が見つからない方は、ワンストップリフォームという方法も検討してみてください。

物件探しからリフォームまでが一連のワンストップ体制なら、予算オーバーを防ぎつつ理想の間取りを実現しやすくなります。

不動産会社とリフォーム会社それぞれに相談する手間も省けるので、間取りづくりや物件探しに集中できるのもうれしいポイント♪

ライズクリエーションは不動産・リフォーム部門で連携し、ワンストップサポート体制を整えております。

中古リフォーム事例

ライズクリエーションのリフォーム事業

 

■まとめ:中古住宅は選択肢を広げて理想のマイホームを♪

リフォーム済み中古住宅はメリットがたくさんありますが、ほかの選択肢も含めてトータル的に探すと理想の物件を見つけやすくなります。

リフォーム前の中古物件やワンストップリフォームも含めて、広い視野で探してみてください。

 

いばらき中古住宅専門店の店舗情報

来店予約はこちら

茨城県で中古住宅をお探しの際は、地元密着営業のライズクリエーションにもご相談ください。

地元ならではの情報量やプロ目線のアドバイスで、お客様にぴったりなマイホーム探しをお手伝いいたします。

物件探しはもちろん、リフォームのこと、資金計画のことなど、どんなこともお気軽にご相談ください。

 

中古マンション×リフォームで失敗しないための購入相談セミナー

開催中のイベント情報一覧と参加予約はこちら

 

こちらの記事も読まれています


・中古一戸建て選びの注意点|茨城県で買ってはいけない中古住宅とは

・令和時代に中古住宅+リフォームが増えているワケ|茨城のリフォーム費用相場

・良い中古住宅に出会える不動産屋の選び方|つくば市のマイホーム購入ガイド


 

ページの先頭へ

Copyright (C) いばらき中古住宅専門店, All Rights Reserved.